ユーザーから信頼されるエクセレントパートナーを目指して。

NEWS ニュースリリース NEWS ニュースリリース

NEWS

ニュースリリース

【無料/ライカ&ポールWebセミナー】9月17日(木)開催 ISO16232:自動車部品の清浄度検査を知るオンラインセミナー

 Laica-HP-bunnerlogo自動車パワートレーンの高性能化・小型化が進む中、故障の原因となる微粒子管理への要求が高まっています。
ISO16232が発行され、自動車部品の清浄度検査が標準化される中、顕微鏡を使った管理手法も広がりを見せています。
当セミナーでは、2018年に改定されたISO16232の概要、部品清浄度の測定を行う上での付着残渣の洗い出し(洗浄)
および光学顕微鏡法による清浄度検査とコンタミ解析と、LIBS手法による拡張分析を、一部実機のバーチャルデモを含め、ご紹介いたします。
部品清浄度評価や付着残渣分析が必要だが、やらなけばならない事とやった方が良いことがわからない、
データや人的リソースが限られている、などお困りの方に最適。
コンタミ計測や解析の豊富な経験、および清浄度改善のノウハウを蓄積した、「ライカ&ポール」によるジョイント オンラインセミナーです。
本年5月に実施し、多数のご要望の声に応え待望の開催決定!お気軽に参加ください。

 

セミナー名 ISO16232:自動車部品の清浄度検査を知るオンラインセミナー
対象者

自動車部品の製造、検査、品質保証にかかわる方

講 師

1.日本ポール株式会社 応用技術研究所  難波 竹已 氏
2.ライカマイクロシステムズ株式会社 インダストリー事業部 森下 達治 氏

開催日程 2020年9月17日(木) 10:30~12:00
会 場 Webセミナー
主 催 日本電計株式会社
共 催 ライカマイクロシステムズ株式会社 
日本ポール株式会社
参加費・定員 無料(事前登録制) 150名

 

 

当日のタイムテーブル

 

10:30配信開始
10:30〜11:15

1.2018年に改定されたISO 16232に従って部品清浄度の測定を行う上での付着残渣の洗い出し(洗浄)について、
    規格要求事項と推奨事項(やらなけばならない事とやった方が良いこと)をご説明します。
    ISO 16232/VDA19に準拠した部品洗浄を精度よく確実に行う手段についてもご紹介いたします。

11:15〜12:00

2.光学顕微鏡法による清浄度検査とコンタミ解析についても規格要求事項と推奨事項(やらなけばならない事とやった方が良いこと)をご説明します。
        さらに、2018改訂版で拡張分析として追加された、LIBS手法について、ライカの新しいソリューションのバーチャルデモを交えながらご紹介いたします。

12:00配信終了

 

Webセミナー事前申込について

 

Webセミナー参加には事前申込が必要です。
下記申し込みフォームからご登録をお願いいたします。
受付完了後、当日のWebセミナー参加URLを配信させていただきます。

 

※本セミナーはエンド・ユーザ企業様を対象としております。
※同業他社様およびフリーメールアドレスからのお申し込みはご遠慮いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 uketukeend受付終了01.fw

 

 

ご相談窓口

 

本セミナーに関するお問い合わせは下記までお気軽にご相談ください。

 

日本電計株式会社 ソリューション事業推進部
セミナー担当:市来(いちき)・神戸(かんべ)
Eメールアドレス tech@n-denkei.co.jp
受付時間:9:00〜17:00(土日祝日は除く)

Get Adobe' Reader'

PDF形式のファイルをご覧いただくにはアドビシステムズ社(R) のAcrobat(R) Reader(TM)が必要です。

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

このお知らせに関するお問い合わせはこちら