ユーザーから信頼されるエクセレントパートナーを目指して。

NEWS ニュースリリース NEWS ニュースリリース

NEWS

ニュースリリース

先進運転支援システム(ADAS)試験支援体制について

 

現在、多くのクルマに自動運転に関わる新しい技術が搭載されはじめてきました。
今後、進化してゆくADAS(先進運転支援システム)や自動運転の技術開発に必要不可欠な走行試験では、様々な実スケールの先進的なテスト環境に加え再現性及び正確な制御ロボットや精密なターゲット群を用いた評価試験が必要となります。日本電計が日本自動車研究所 城里テストセンターでご提供いたしますADASテスティングサポートはEURO-NCAP認証機器を使用しまして、お客様のご要求に対応した評価試験を提供いたします。

 

  

ご提供可能なサポート内容

 

  • NCAP※各種規格試験用機器を使ったテスティングサポート
  • 制御ロボット、ターゲット群を使用した性能テスト
  • 制御ロボット、ターゲット群のレンタル
  • 日本自動車研究所 城里テストセンターでのテスティングサポート
  •  J-NCAP・EURO-NCAPの予防安全性能を指します。

 

 

保有する試験機器のご紹介

 

ABD_ GST MarkⅡ.fw  

ABD_ GST MarkⅡ

 

GST(Guided Soft Target)試験システムは、先進運転支援システム(ADAS)の評価・検証のために開発されました。GSTは試験車両に損傷を与えること なくADAS関連の試験の評価・検証を繰り返し実施する事が可能です。GSTシステムはEURO-NCAPに認証されており、堅牢なフレーム、高精度GNSS/INSシステム、そして様々なターゲットを載せる事が可能なlaunchPad・ドライビングロボットで構成されています。

     
ABD_ Launch Pad.fw  

ABD_ Launch Pad

 

LaunchPadはADASの開発とテストのためのVulnerable Road User(VRU)ターゲットを移動させるように設計された操作可能なプラットフォームです。 これには歩行者、サイクリスト、モペット(原動機付き自転車)ドミーが含まれます。本体シャーシは、車両の乗り越えに十分対応できる堅牢性を備えています。 GSTと同様に、軌道と速度制御プロファイルの作成が可能で、次世代のADASテストが可能です。
LaunchPadは、Synchro及び軌道追従技術を使用し、対象車両との正確な連動を可能にします。

     
ABD_ CBAR600.fw  

ABD_ CBAR600

 

当社保有のCombined Brake and Accelerator Robot(CBAR)は最も多く使用されているペダル・ロボットで、単独で使用することも、ステアリングロボットと組み合わせて使用して、車両を完全に制御することもできます。 車両の制動性能をテストし検証するために、車両メーカ、ブレーキおよびタイヤのサプライヤでも採用され、7つのユーロNCAPラボでの導入、並びに米国のNHTSAとカナダのトランスポートも、CBARを使用しています。

     
ABD_TorusーS SR60.fw  

ABD_TorusーS(SR60)

 

ステアリングロボットは、正確かつ反復可能な入力を車両のステアリングに適用し、テストエンジニアが人間の運転手からの変動を完全に排除することを可能にしております。SR60 Torusはダイレクトドライブモーターを使用し、ギヤ付ロボットよりも静かで滑らかです。空洞の中心部は、エアバッグを取り外さずに設置できるためで、これはABD独自のシステムであり、国際特許によって保護されており高性能のステアリングロボットです。

     
DRI_SoftCar360 Rev-G.fw  

DRI_SoftCar360 Rev-G

 

Soft Car 360ターゲッ トはEuro NCAP, NHTSA, IIHS等の法規試験に対応している3Dターゲットです。
試験車両がGSTと衝突した場合、Soft Car 360は各種コンポー ネントがバラバラになる事で、試験車両への損傷をごく僅かに抑えることができます。全ての試験シナリオに1つのターゲットを利用できるので、試験開発から試験実施までの時間と費用を削減できます。

     
OxTS_RT3000 RT-BASE.fw  

OxTS_RT3000/RT-BASE

 

RTシリーズは、車体のロール・ピッチ・スリップアングル等車両挙動の全パラメーターを高精度に測定するためのシステムです。ADAS テスト用RT-Range Hunter 機能を利用することで最大4つの移動ターゲットを追跡し、テスト用車両と相対的な位置、向き、速度、加速度を計測できます。これらの計測は全てRT3000単体で実施可能で、セットアップ時間を短縮できます。

 

 

テストコースのご案内

 

一般財団法人 日本自動車研究所 城里テストセンター 

〒311-4316  茨城県東茨城郡城里町大字小坂字高辺多1328番23

 

テストコースは、城里テストセンターを使用いたします。

※テストコースの使用状況によってはご希望の日程に添えない場合もございます。

 

同センター試験車両準備棟3番に日本電計管理倉庫がございます。 

DATS

 

 

 

お客様のご要望に合わせた試験シナリオを構築させて頂きます。

日程やご利用方法についてはお気軽にお問合せください。

 

〒110-0005 東京都台東区上野5-14-12 NDビル4階

日本電計(株)オートモーティブ市場推進部

担当:川﨑 則富

MAIL:automotive@n-denkei.co.jp

電話(03) 5816-0291 Fax. (03) 5807-1880

 

otoiawase02-1.fw

 

 

Get Adobe' Reader'

PDF形式のファイルをご覧いただくにはアドビシステムズ社(R) のAcrobat(R) Reader(TM)が必要です。

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

このお知らせに関するお問い合わせはこちら